ダイハツ ストーリアの一括査定依頼はこちら

ダイハツ ストーリアの一括査定依頼はこちら

買取相場

万円

下取り相場

万円

ダイハツ ストーリア 1998年モデル

ストーリアを高く売りたいなら一括査定を利用しよう

ストーリアを少しでも高く売りたいなら、「一括査定」を利用しましょう。一度の情報入力で複数の買取業者に査定を申し込み、一番高く車を買い取ってくれる業者を探すことができます。

一括査定の利用実績400万件以上!車を高く売るなら「ナビクル」

ナビクルトップのキャプチャー画像

入力の手間 対応地域 同時見積数
45秒 全国 最大10社
  • 申し込み後にストーリアの概算価格がわかる
  • 下取りよりも高い値段がつきやすい
  • 一括査定の利用実績400万件以上
    JPUC認定の適正買取店も参画で安心

45秒の申し込みで最大10社に車の査定を依頼できる一括査定サービス「ナビクル」。複数業者の査定額を比較して、あなたの車を最高額で売ることができます。無料で利用でき、申し込み後に車の概算価格がわかるのもポイントです。車の価値が下がる前に査定を申し込み、最高額での売却を叶えましょう。

無料一括査定でストーリアを高く売る

ストーリアのカタログ情報

1998年モデル

ストーリア 1998年モデル
発売月
1998/02
定員
5人
新車販売価格
89〜163万円
燃費
16.4~22.0km/L(10・15)
排気量
1,000〜1,300cc

▼ 主なグレード名

販売開始月 グレード名 価格
2003年4月 CL 91万円
2003年4月 CLリミテッド 97万円
2003年4月 CL 99万円

あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド

《かんたん車査定ガイドはこちら》
↓↓↓ クリック ↓↓↓

愛車の最高値がすぐにわかる!
かんたん車査定ガイド

中古車の買取・査定なら【かんたん車査定ガイド】
あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド

家の車手放したいと考えているということでしたら…。

車が不要になった時は、その車をできるだけ高値で買い取りしてほしいのではないでしょうか?そうした時は相場を掴むことが要されますが、車一括査定に挑戦してみればその相場がわかります。
車を売るに際しては大手の車買取業者の方が良さそうですが、本当のところ大手なので高い値段で買ってくれるといった事はないと思っていてください。だから大手を加え5社前後を比較することが大切です。
「車を売る場合は、買取より下取のほうがお得になることが少なくない」ということを忘れないでください。次回も同一メーカーの車を選択すると言われるなら、車の下取り価格を調査してみましょう。
家の車手放したいと考えているということでしたら、一刻も早く車の買取価格を確かめた方が得策です。時が経てば経つほど、買取価格は間違いなく下落してしまうからです。
買い取りをしてくれる業者の中には、事故車買取を標榜しているところも見掛けることができます。事故車だから買取は無理だろうと観念せずに査定した方が利口だと思います。
「車買取してくれるおすすめ車買取業者と業者選びのポイント」はこちらからチェック

車を売るという時は、当然のことですが最大限高く手放したいと考えるのではないでしょうか?相場を把握したいなら、名前を言わずに車の査定をするのも1つの方法だと言えます。
車買取相場を頭に入れておきたいなら、一先ず査定を受けた方がいいでしょう。手放すことはせずに、買取相場を確認するために査定をやってもらうことは悪いことではありません。
「車の出張買取をお願いした場合、何が何でも買い取りに応じることが必須」と思い込んでいるかもしれないですが、実際のところはそんな強制力はありませんし、買取を拒否ろうとも全くもって問題ありません。
人気車種になると、車の下取り価格は高くなって然るべきです。次に買う車が定まっているなら、下取り車として買ってもらうことを考えたほうが良いでしょう。
「車の売却を考えているけど、忙しなくて時間確保が不可能」といった方は、代理人に依頼したら必要書類は増えることになりますが、売却することができます。

買い取り専門業者との折衝で言いなりにならないようにするためには、何と言っても相場を確かめ、希望額としては相場を超える額を申し伝えれば良いと思います。そうする為にもオンライン査定を利用した方がいいと思います。
ローン残金がある車を売るような時は、所有権を持っているのは誰なのかを確かめることが肝心です。所有者が別人の場合は、所有権の移転をして貰うことをしないと売買することが不可能なのです。
流行りの車種の場合は、中古車であろうとも高めの金額で引き取ってくれることが通例です。どっちみち新しい車じゃないからと断定することなく、車の買取価格をチェックしましょう。
現在の車はあまり新しいわけでもなく傷が皆無だというわけでもないからと、即廃車にするのは愚行です。ひと昔前の車で傷が目立つようでも、車の買取価格の査定は行ないましょう。
業者も様々で、「査定額を高いレベルで示しておいて、現場で車を見て一つ一つ引いていく」という業者も見かけます。車買取業者を1つに絞る時は、とにもかくにも査定を比較することが必須だと言えます。